カート
line
オフィシャルサイト

お知らせnews

2020年11月20日

農家直送のお米を頂くとこのような良いことがあります

皆さんは普段おいしいお米をどちらで購入されていらっしゃいますか?

いつも食料品などを購入しているスーパーマーケットでしょうか?あるいは、地域密着でおこめを販売しているお店をごひいきにされているという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に向けて、今回は農家直送で購入することの利点について、簡単にご紹介をさせて頂きたいと思っております。

 

 

農家直送でお米を購入すると非常に安心感があるものです。

例えば、スーパーでお米を購入してもなかなかその生産者の顔というのは分かりにくいものです。

ところが、農家直送で買うようになると、新鮮なお米を生産者と楽しくやり取りをしながら購入することができますので、やはりその分おいしさも一入です。

また、お米の銘柄についても随分と詳しくなるようになります。農家直送をしたことがないという方は一度試してみてください。

 

 

SunnyFarm小関(サニーファーム)では、農薬や化学肥料の使用を抑制し健康・環境・人にやさしい米作りを心がけています。

つや姫やひとめぼれなどのお米を通販により農家直送でみなさまに「おいしい」と言ってもらえるお米を作っておりますので是非一度ご賞味いただければと思います。

お問い合わせはこちらから

 

2020年10月20日

ひとめぼれの特徴をご紹介します

皆さんはひとめぼれというお米についてご存知でしょうか?

なんとなくお米の品種として聞いたことがあるという方もお米のことが好きでどこのブランド米かご存知という方も、今回はひとめぼれの特徴について皆さんに分かりやすくお話をさせて頂きたいと思っておりますので、是非最後までお読み頂けますと幸いです。

 

 

そもそも「ひとめぼれ」というお米は宮城県を原産としています。

東北地方でもお米をおいしくいただけるようにということで、「コシヒカリ」と「初星」というお米を品種改良してつくられました。

「ひとめぼれ」が生産され始めた当時、「ササニシキ」という品種が販売されていましたが、冷害のため生産量が激減してしまい、その結果として「ひとめぼれ」に焦点をあてられるようになり、今では全国で簡単に入手することができるようになりました。

おいしい「ひとめぼれ」を是非一度ご賞味ください。

 

 

SunnyFarm小関(サニーファーム)では、農薬や化学肥料の使用を抑制し健康・環境・人にやさしい米作りを心がけています。

つや姫やひとめぼれなどのお米を通販により農家直送でみなさまに「おいしい」と言ってもらえるお米を作っておりますので是非一度お試しいただければと思います。

お問い合わせはこちらから

 

2020年09月18日

つや姫の特徴についてご紹介します

皆さんは、山形県のブランド米「つや姫」についてご存知でしょうか?

つや姫はおいしいお米であるという認識を持っていらっしゃる方は多いかもしれませんが、一方でつや姫について実際にどのようなお米であるのか説明することができる人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、つや姫の特徴について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

 

 

つや姫といえば、やはりお米の持つ白い輝きが特徴的です。

それ以外にも大きい米粒、際立つ香り、粘り気、また何よりもお米がおいしいということで多くの方から根強い人気を誇っているお米のブランドです。

現在日本で一番おいしいお米であるといわれるのが「コシヒカリ」です。

もともと山形県で食べられていた「亀ノ尾」をルーツに持ち、コシヒカリよりもおいしいお米を上回るお米を作ろうとして誕生したのが「つや姫」です。是非味わってみてください。

 

 

SunnyFarm小関(サニーファーム)では、農薬や化学肥料の使用を抑制し健康・環境・人にやさしい米作りを心がけています。

つや姫やひとめぼれなどのお米を通販により農家直送でみなさまに「おいしい」と言ってもらえるお米を作っておりますので是非一度お試しいただければと思います。

お問い合わせはこちらから

 

2020年08月20日

美味しさを引き出す「亀の尾」by サニーファーム小関

サニーファーム小関では、「うまみの素ワーコム」という堆肥発酵促進剤を施し、微生物を増殖、活発化させ、農薬や化学肥料の使用を抑制し、健康・環境・人にやさしい米作りを心がけてます。

また、特別栽培米のつや姫やひとめぼれをはじめ他の品種も特別栽培に準ずる栽培に心がけ、「ワーコム」や「グアノ」などを使い土づくりから安心安全のお米作りをしています。

手塩にかけて育てたお米を食べていただくみなさまに「おいしい」と言ってもらえるように、農家直送の通販で皆様にお届けします。

美味しさを引き出す「亀の尾」

日本の美味しいお米といわれる銘柄米には「亀の尾」の血統が引き継がれた品種がたくさんあります。
コシヒカリやひとめぼれ、はえぬき、あきたこまちなどの銘柄米にも亀の尾のDNAが引き継がれています。

優れた美味しさで作付けが急拡大したコシヒカリによって、山形県の代表品種ササニシキの人気に陰りが出始めてきたことが生産者始め山形県としては、大きな不安材料となっていました。

「コシヒカリ」をも凌ぐ日本一の美味しいお米の一日も早い開発が求められていました。

切羽詰まった状態でプロジェクト開始した山形県では平成10年から約10年の開発期間をかけて開発され完成したのが日本一の美味しさ人気をめざす「つや姫」なのです。

お問い合わせはこちら。

2020年07月20日

つやひめのお話 by サニーファーム小関

サニーファーム小関では、手塩にかけて育てたお米を農家直送の通販で皆様にお届けします。

「うまみの素ワーコム」という堆肥発酵促進剤を施し、微生物を増殖、活発化させ、農薬や化学肥料の使用を抑制し、健康・環境・人にやさしい米作りを心がけてます。
また、特別栽培米のつや姫やひとめぼれをはじめ他の品種も特別栽培に準ずる栽培に心がけ、「ワーコム」や「グアノ」などを使い土づくりから安心安全のお米作りとさらに食べていただくみなさまに「おいしい」と言ってもらえるお米を作っております。

つやひめのお話

「つや姫」は、1998年山形県で食味日本一を目指して開発がはじまりました。
あの「コシヒカリ」を凌ぐともいわれる美味しさで近年、人気急上昇中です。

今では、山形県以外での生産もはじまり島根県や宮城県なども本格的に取り組みがはじまり、「つや姫」の栽培面積も拡大しています。

そんな、つや姫のルーツは山形県の篤農家の阿部亀治氏によって開発された「亀の尾」というお米が祖先で、ひどい冷害の年に亀治氏によって発見された1本の穂に始まったとされています。

当初は冷害や病気に強い品種として期待されましたが、「亀の尾」は良食味の品種として優れた美味しさを誇り、交配親として人気が高まりました。

お問い合わせはこちら。